赤ちゃんのためのスキンケア 徹底比較

赤ちゃんのためのスキンケア おすすめアイテムTOP5

ファムズベビー

  • 東京大学と赤ちゃんの肌トラブルについて共同研究している
  • 刺激に弱い赤ちゃんや敏感肌の人が安心して使える
  • 体内に入っても害のない成分で作られているからお口に入っても安心

赤ちゃんの健康を第一に考えた製品

ファムズベビーは赤ちゃんのためを思ったスキンケア製品です。素材や製法にこだわり抜き、病院や助産院でも使用されるほど信頼を得ています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

ファムズベビーに対するみんなの口コミ

  • 娘のおなかにあせもができ、赤くなってかわいそうなのでファムズベビーを試してみました。3日ほどで赤みがなくなりました。今は毎日使っているので、使い始めて以降あせもになることもなく過ごせています。...

  • 息子がずっと乾燥肌で、特に感想する冬場になると、粉が吹いてしまい、困っていました。そこでネットで見つけたこちらのスキンケアを試してみると、お肌の状態がずいぶんとマシになってきたように思います。泡の状態なのでお肌にすりこみやす...

  • はじめは肌トラブルが多い子供のためにこちらのスキンケアを購入したのですが、いまでは私や私の両親も使っています。乾燥を防ぐだけではなく、カビやホコリといったものからも肌を守ってくれるので、いろいろなスキンケアを買うこともなくな...

ナチュラルサイエンス

  • 赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケア用品を幅広く販売
  • 低刺激処方にこだわった成分のみを配合しています
  • 品質と安全性にもこだわりを持っているので誰でも使える

低刺激スキンケア基礎化粧品を扱う会社

ナチュラルサイエンスは皮膚科の専門医との協力して商品開発しており、赤ちゃんでも使えるスキンケア商品を扱っています。製品は全て低刺激にこだわって製造しており、品質の安全性を確保しています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

ナチュラルサイエンスに対するみんなの口コミ

  • 妊娠をしはじめてから、肌の乾燥やかゆみが気になりこちらの商品を購入しました。元々敏感肌で乾燥やかゆみの対策のクリームが合いにくかったですが、肌の馴染みもよく保湿力も高かったため、かゆみと乾燥が収まりました。今では赤ちゃんにも...

  • 赤ちゃんの肌荒れが気になり毎日粉が吹いているほど荒れていたのでこちらの商品を購入しました。低刺激で、無香料無着色であったため安心して使うことができました。このクリームを使ってから赤ちゃんの肌荒れも落ち着き、ママと赤ちゃんも一...

  • 子供が敏感肌でお風呂上りに化粧水でスキンケアをしても赤くなり、肌荒れをしていたのですが、こちらの商品を使ってから肌の赤みがなくなりました。乾燥しがちな妊娠中の肌の水分補給にも使うことができ、保湿力が高く今ではリピート購入して...

アトピタ

  • カサつきやかゆみの多い赤ちゃんのお肌を守るための保湿スキンケア
  • 刺激に弱い赤ちゃんのお肌を第一に考えた高保湿かつ低刺激のこだわり
  • 赤ちゃんの全身をサポートする種類豊富なスキンケアシリーズ

しっとりと肌に潤いを与えるスキンケア用品

アトピタは肌トラブルに悩む赤ちゃんとママを解放してあげたい、お肌の悩みに応えたい、そんな思いから誕生したスキンケア用品です。たくさんのママに支持され2014年にマザーズセレクション大賞を受賞しました。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

アトピタに対するみんなの口コミ

  • 息子が乾燥肌で、ネット口コミで見たこちらのスキンケア用品をいくつか試してみました。息子は保湿全身泡ソープがお気に入りのようで、体を洗うときに「あわあわ~」とご機嫌になります。洗いあがりもしっとりとしていて、保湿の効果も高く重...

  • 唇が乾燥してガサガサになってしまう娘のことが心配で、何かよいスキンケア用品はないかと探していた時にたどり着いたのが、こちらの保湿うるおいリップでした。しっとり潤うのにベタづかずさらっとしているので、娘も嫌がらず助かっています...

  • 一歳になる子供の頭皮の乾燥がひどく、全体的にカサカサとしていたのがずっと気になっていました。そんな時ママ友にこのスキンケア用品の事を教えてもらい、保湿頭皮シャンプーを購入しました。泡切れがよく、洗いやすいです。頭皮のカサカサ...

ベビーワセリン

ベビーワセリン

低刺激でお肌にやさしいスキンケア商品

ベビーワセリンは不純物を配合しておらず低刺激なので赤ちゃんや妊娠中の女性、お肌のデリケートな女性にも安心して使えます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

アロベビー

アロベビー

天然由来成分が含まれたスキンケア用品

アロベビーは赤ちゃんにも安心な天然由来成分のみで作られているスキンケア用品です。赤ちゃんだけでなくお母さんにも安心の国産オーガニックスキンケアの商品を取り扱っているため、安心して使用できます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

赤ちゃん用保湿の基礎知識

赤ちゃんの保湿はいつからケアしたらいいの!?

赤ちゃんの保湿はいつからケアしたらいいの!?



赤ちゃんの肌は生まれたときからデリケートで何もしない状態だと、肌荒れを起こしやすいため、生まれてすぐに赤ちゃんのスキンケアをする必要があります。しかし、赤ちゃんの肌はデリケートでとても弱く、赤ちゃんに合うスキンケア商品を探す際には注意が必要です。赤ちゃんは肌が乾燥しやすいため、赤ちゃんには保湿も大事ですが、赤ちゃんのスキンケア商品には特にこだわらなければなりません。購入する際の絶対条件として低刺激の商品を選びましょう。低刺激の商品でなければ、かえって肌荒れを起こしてしまう危険性が潜んでいるため、慎重に選ばなければなりません。

また、赤ちゃんのデリケートな肌を守るため、肌バリアを強くしてくれる働きや、肌トラブルの外的刺激から守ってくれるものを選び、生まれてすぐにスキンケアを行いましょう。赤ちゃんの肌トラブルを事前に防ぐことができ、赤ちゃんの肌を潤いのあるきれいな状態に維持することができます。

スキンケアをすることで肌バリアの機能を維持し、デリケートな肌を外的刺激から守ってくれ、赤ちゃんが起こしやすいアトピー性皮膚炎の発症する可能性を低下させることができます。早い段階からスキンケアをし、赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。

赤ちゃんの保湿にはワセリンがいいって本当?

赤ちゃんの保湿にはワセリンがいいって本当?



赤ちゃんのお肌は非常にデリケートです。何も保湿対策をしていないと肌は見る見るうちに乾燥していき、赤いぽつぽつができたり、炎症を起こしてしまうことがあります。その為、保湿対策は赤ちゃんにとってかなり重要な対策になるのですが、具体的にはどのようなスキンケアを行うのが最適なのでしょうか。

赤ちゃんにも一人一人に肌の特徴があるので、その赤ちゃんの肌に一番合ったスキンケア用品を使ってあげることが一番ですが、数ある赤ちゃんのスキンケア用品の中でも評判が高く、使っている人が多いのがワセリンです。

ワセリンとは、石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したものの事です。つまりは油です。低刺激であり、万が一舐めてしまっても大きな害になることは少ないため、体はもちろん、手や口元などにも安心して使っていただけます。病院でもワセリンの使用をおすすめしてくれるところは多いですから、それも安心できる一つの要因です。

ワセリンにも種類があり、純度によって色が違います。純度が低いものは黄色、純度が高いものは白色をしているのでわかりやすいです。赤ちゃんの保湿のために使ってあげることを考えるのなら、白色のワセリンの方が安心して使えるでしょう。

赤ちゃんのあせもは保湿不足が原因?

赤ちゃんのあせもは保湿不足が原因?



赤ちゃんのあせもの原因としてあげられるのがお肌の保湿不足です。デリケートな肌である赤ちゃんのあせもを防ぐには身体を清潔にしておくことや乾燥対策が大切な要素になってきます。

あせもは大量の汗の放置後の乾燥が原因とされています。中でもあせもができやすい部位は汗が乾きにくい部分であるとされています。例としては、「頭・額」「脇の下」「ひじ・ひざの裏」「足の付け根」「お尻」などが汗が乾きにくい箇所です。

あせもの種類には「紅色汗疹」「水晶様汗疹」「深在性汗疹」があります。デリケートな肌で知られる赤ちゃんの肌となるとより一層の対策が必要になります。汗の出口が閉塞してあせもができたところはその後しばらく汗をかけなくなります。結果として人間に大切な体温調節にも影響を及ぼすことがありますので自身の体調の悪さを表現しにくい赤ちゃんのスキンケアには特に注意が必要です。

デリケートな赤ちゃんの肌は敏感なので、刺激の強いスキンケアアイテムの場合、お肌にトラブルが起こったりします。その点、赤ちゃん専用のスキンケアアイテムは、不純物を配合していない低刺激な赤ちゃんの保湿商品が多くあるので、そうしたものを選んで使用してあげるといいでしょう。

赤ちゃんの保湿は必要ないって聞いたけどどうなの?

赤ちゃんの保湿は必要ないって聞いたけどどうなの?



赤ちゃんのお肌は非常にデリケートで、触ってもわかるようにきめ細かく柔らかいのが特徴です。すでに肌トラブルを引き起こしてしまった赤ちゃんはとにかく、特に肌荒れをしていない、健康的な肌の赤ちゃんには保湿は必要ない、という意見がありますが、保湿をきちんと行ってあげることで防げる肌トラブルもあります。

生まれたての赤ちゃんの肌には、胎脂が残っていたり、皮脂量が多かったりしますし、母親の胎内から出たことでホルモンバランスが崩れて「乳児脂漏性湿疹」という肌トラブルを起こすこともあります。また、逆に生後3ヵ月を過ぎると皮脂量や角質の水分量が急激に下がり、大人の半分以下になってしまいます。これが赤ちゃんの肌が乾燥しやすい原因です。そうして乾燥した肌はほこりや細菌に弱くなってしまい、さらなる肌トラブルを引き起こしてしまうのです。その為、赤ちゃんの保湿は出来るだけしっかりと行ってあげた方が良いでしょう。

顔や体だけではなく、頭皮も乾燥しやすいのでしっかりスキンケアをしてあげてください。肌が荒れる前からきちんとスキンケアをしてあげることで、赤ちゃんの肌を不要なトラブルから守ってあげることができます。

赤ちゃん用保湿のコラム

赤ちゃん用保湿ランキング

TOP