赤ちゃん用保湿関連情報

HOME赤ちゃんへの保湿は塗りすぎに注意!

最終更新日:2017/11/20

赤ちゃんへの保湿は塗りすぎに注意!

赤ちゃんへの保湿は塗りすぎに注意!

赤ちゃんに対するスキンケアは、赤ちゃんを守っていくためにも必要なことです。ただ何事にも程度というものがあります。赤ちゃんの保湿のため、赤ちゃんの肌を守るためだからと、たっぷりとスキンケアのためのクリームなどを塗りすぎるというのもあまりよくありません。

これも自分の子供を守るため。そうした子供に対する愛情は確かに理解できます。たっぷり使えば、塗ってあげればその分子供を守ることにつながっている、と考えるのもわからなくもありません。しかし、ただたっぷりと塗ってあげたからといってその分高い効果を得られるとも限りません。クリームや乳液によっては使いすぎたことで、逆に効果を発揮しすぎて問題が起きてしまうことも考えられなくもないのです。

それだけでなく、ただでさえ赤ちゃんの肌は弱く、薄いものです。何度も何度も塗り続けるということは、赤ちゃんの肌を何度もこすっているようなものでしょう。それでは赤ちゃんを守っているためといいつつ、いたずらに赤ちゃんの肌を傷つけているようなものです。一度の赤ちゃんのスキンケアのための乳液やクリームは、程よい量を塗ってあげるだけに留めてあげましょう。そしてその頻度も多くするのではなく、お出かけ前に一度、帰ってきて外出の汚れを落としてあげて、また一度という風に、数時間の間をあけて塗ってあげるだけで充分です。その部位も全身に塗るというわけでもなく、露出している腕や足、顔を保湿してあげるだけでもいいでしょう。そうして様子を見つつ、適度に塗ってあげましょう。

また使用するクリームなどによっては簡単に落とせる成分で構成されていることもあります。商品によって違いがありますので、あらかじめよく確認しておくといいでしょう。簡単に落とせるようなものならば、さっと洗ってあげるだけで充分ですが、油分が多い製品などの場合は、たくさんつけすぎると綺麗に落ちづらいことがままあります。その場合、たくさん塗り続けた場合、お風呂などでも全然落ちなくなってしまっていることも考えられます。そうした商品を使用する場合もまた、たくさん塗りすぎることは控えておくといいでしょう。

子供をしっかりと守るためにも、正しい使用方法で塗ってあげることが大切です。よく正しい用法、用法を守ることが大切です、という言葉を見かけますが、それを心がけて赤ちゃんを守っていきましょう。また問題が起きたらすぐにかかりつけ医などに相談することも大切です。

一覧はこちら

赤ちゃん用保湿ランキング

TOP